胡蝶蘭の水やり

 

夏場は鉢の中に指を入れてみて乾いていたらたっぷり水をあげます。冬場は乾いたなと思ってから1、2日間を空けてから水をあげるようにします。

花が咲いているからといってお水をどしどし与えるのは禁物です。胡蝶蘭(洋ラン)は冬は成長停止期であり、その時期に花を咲かせます。成長停止期には養分等をあまり必要としないので、お水を与えすぎると根腐れを起こしてしまいます。

春、秋は温度が高めなら夏場同様、温度が低めなら冬場同様に、できれば暖かい時間に 室温に近い温度の水が望ましいです。

肥料

 

1週間に1回、市販の液肥を水やりをかね、規定の濃度よりやや薄めにして与えるとよいでしょう。ただし、開花中および15℃を保てない冬期は肥料を与えないようにします。

植え替え

 

 花を切った後、早めに一株ごとに単鉢に植え替え、古い水苔を取り除き、傷んでいる根を切ります。根は新しい水苔で包み植え替えてください。